2.7k

何次元かの何かを

誰の目的?

   

なんだか話が通じない。会話が噛み合ってない。

そういう時は、目的が共有できていない可能性がありそうです。


のほほんと部屋でくつろいでいると、インターホンがなりました。ふらっと玄関へ出てみると、

「○○新聞なんですけど、新聞読んでますか?」

ネットなどで記事は読んでます。

「1ヶ月だけでいいんで、取ってもらえませんかねぇ?」

 

また別のある時のこと。

街を歩いているとパネルを持った人に声をかけられました。

「すみませーん。ちょっとお時間、いいですか?」

はい、なんでしょう?

「今アンケートやってるんですけど、ここにある選択肢の中から気になるのを選んでください。」

え?これは何のアンケートですか?

「1つめは○○で、2つめはXXで〜」

 

どちらも珍しくないシチュエーションで、出くわすと「おぅ!?」っと思ってしまいそうです。話の内容を分解してみると、「道行く人にアンケートに答えてもらう」「訪問先の人に新聞の契約をしてもらう」というゴールが設定されています。

これらのゴールは、あくまでも声をかけた人、訪問してきた人の視点で設定されたものです。話しかけられた人からすると、自分には関係ないこと。これではただ面倒くさく感じてしまっても仕方がありません。

話に対して能動的に参加してもらうには、少なくとも自分も関係するゴールが望ましいです。でなければ、その人はその人なりのゴール(相手を慰めたい、応援したい)などを設定しなくてはなりません。

 


例えばその会議、誰の目的になっていますか??

The following two tabs change content below.
Takayuki Katagiri

Takayuki Katagiri

展示物やサイトやゲームの企画、情報整理、ディレクション。 Webアプリやスマホアプリの開発。
Takayuki Katagiri

最新記事 by Takayuki Katagiri (全て見る)

 - 情報整理