2.7k

何次元かの何かを

どれが必要な情報?

   

たくさんの情報があるとき、まずはそれを「必要なもの」と「不要なもの」に分別する必要があります。

自分で使う情報を自分自身で集めるのであれば、無意識に選り分けることができるでしょう。しかし、誰かに依頼されて情報収集する場合は、何が必要なのかなかなかわかりにくいことも。

この、「自分が無意識にやっていること」について考えてみます。

ケーキ作りをするとしたら

友人のお祝いごとのために、ケーキを作ろうと思います。ケーキを作るために、料理サイトでレシピを参照することにしました。

  • 薄力粉
  • 砂糖
  • 牛乳・・・

早速プリントアウトして、レシピを握りしめて早速スーパーへ。ところがスーパーに行って見ると、棚には薄力粉だけでもいろんなメーカー、いろんなブランドの商品が並んでいます。一体どれを買えばいいのやら!?

こういう時は、料理好きの人に聞いたり、ネットで「薄力粉 違い」で検索したりしてみるかと思います。すると、ダマになりにくいとかしっとりするとか、いろんな特徴があることを知ります。なるほど。それじゃあ今回はこれにしてみよう・・・。

情報にあてはめると?

情報も、集めればなんでも使えるというものではなく、使う際の判断基準があるはずです。薄力粉であればメーカーやブランドのような、どの情報を使って判断するのか?を知らなければ、何が何が必要なのかがわかりません。誰にも利用されないものが、その時不要な情報であると言えます。

「情報を使うときの判断基準」

誰かと協力する際には、これを共有することが大切です。

The following two tabs change content below.
Takayuki Katagiri

Takayuki Katagiri

展示物やサイトやゲームの企画、情報整理、ディレクション。 Webアプリやスマホアプリの開発。
Takayuki Katagiri

最新記事 by Takayuki Katagiri (全て見る)

 - 情報整理